あいの病院 看護部

看護部について  

TEL

079-568-1351

(あいの病院 代表)

  • HOME
  • 看 護 部

看護部について

画像看護部長 中塚圭子


常に心掛けていることは、病棟ラウンドを通して、日々の出来事に耳を傾け、職場の活性化に努めることであり、看護部の理念に沿った〝感性豊かに患者様に寄り添える看護を目指す〟ことです。

 当院は〝認知症〟に特化した精神科病院です 


◆看護部の特徴

私たち看護師は、患者さんの最も近くに寄り添い、患者を「観る」「聴く」「触れる」の看護観察から、「知る」「わかる」という看護援助が始まります。
単純に「認知症」と一括りにせず、一例として「歩幅の小さな特徴的な歩き方をされている」「『そこに誰かいる』など具体的な幻視を訴える」などの特徴から「レビー小体型認知症の症状のひとつ」として認識することで、より適切な看護に繋げることができます。
実践と同時に研修など「学び」を日々の看護に活かすことで、看護の質の向上を目指しています。
また、病棟はチーム医療ですので、医師・作業療法士・管理栄養士と常に協力して業務を行うほか、精神保健福祉士と患者様の状態を話し合うなど、他職種との連携が密なのも特徴です。



◆働きやすさのための工夫

残業はほとんどなく、休日も取りやすく、有休消化率は90%以上と、仕事と家庭を両立しながら働きやすい環境です。他にもママさんナースのために保育所もありますし、子どもが急な発熱で休んでも「お互いさま」という意識で、全員が理解し合って仕事をしている職場です。
また、私は普段から院内をラウンドし、元気がないスタッフには「どうしたの?」、風邪で休んだスタッフには「もう大丈夫?」など、必ず声をかけて現場とコミュニケーションをとるようにしています。

Page Top