あいの病院 看護部

オムツトレーナー

TEL

079-568-1351

(あいの病院 代表)

  • HOME
  • オムツトレーナー

オムツトレーナーについて

当院では、平成29年度より、看護補助者育成の一環として、オムツトレーナー資格者養成に取り組み、活動しています。

オムツトレーナーとは、患者様に適したオムツのあて方や、排泄メカニズムについて研修を受け、平成30年度は、そのオムツトレーナーのもと、看護部全職員へ、オムツ体験をはじめとする研修会を開催するなど、技術向上を目指して、取り組みを行っています。

オムツトレーナー

画像












東病棟 看護補助主任
 
 
森崎彰英 (介護福祉士)
現在、私はオムツトレーナーとして正しいオムツの当て方を他のスタッフに伝えていますが、自分が学んで理解した事を人に伝えて理解してもらう難しさを痛感していると同時に今迄以上に自分自身が勉強しなければと日々思って取り組んでいます。


西病棟 看護補助主任 
 
瀬戸将之(介護福祉士)
オムツトレーナーとなる為に講習を受け、今まで20年間当たり前のように使用してきた紙オムツに、メーカーごとに特色があり、正しい使用方法がある事を知りました。自分が使うメーカーのオムツを知り、相手に合わせた正しいオムツを選択し、正しく使用することで得られる快適さが格段に変わります。このスキルが他のスタッフにも浸透するよう頑張っています。
               
                                              南病棟 看護補助主任
 西川和代(介護福祉士)
私の所属病棟は寝たきり状態の患さまが多く、寝姿勢も様々でオムツのサイズや着け方が曖昧だと装着感も悪く、漏れたりして患者さまが不快な思いをし、漏れによる更衣は患者さまと介護者への負担になったりします。オムツトレーナー研修で得た技術と知識を現場で取り入れ、患者さまの不快を軽減するよう個々の体型や寝姿勢、排泄のパターンや量を考慮し、個々に合ったオムツサイズと当て方を皆で意見を出し合って検討を重ね工夫するようにしています。


研修風景

画像

画像
研修では、実際に着用してみます

オムツトレーナーを講師に、定期的に研修会を開催しています。
オムツを着用する体験は、職員も恥ずかしがったりしますが、実際に使用されている方が、どんな風に感じているのかを体感したりすることで、より快適に過ごしていただけるように、各職員が気を付けるようになっています。

Page Top